昨日は「正月事始め」でした

こんにちは 三河神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧いただきまして誠にありがとうございます!
初めてご覧頂く皆様、何かお役に立てると嬉しいです♪

一日過ぎてしまいましたが、昨日12月13日は
『正月事始め』でした(^^)

簡単に言えば、お正月を迎えるための準備を始める日のこと。
「煤払い」「松迎え」をし、年神様をお迎えできるように準備するのですね。

この正月事始めは、「鬼宿日」である12月13日と決まっています。
「鬼宿日」は婚礼以外は大吉とされる日。
正月事始め=12月13日と決まったのは江戸時代だそうですが、
その時代から続いている伝統的な日本のならわしです。

お正月を迎えるにあたって、具体的にどんなことを
するのか説明していきますね。

*・*・*・煤払い(すすはらい)・*・*・*

「煤払い」と言うと、ぱたぱたとハタキを使うイメージでしょうか?
煤払いは単なる掃除ではなく、一年の間に
降り積もった穢れ(けがれ)を嫌う神様をお迎えするのに、
もともとは神社仏閣などで行われる神聖な行事だったそうです。昔は多くの家にあった竈(かまど)や囲炉裏(いろり。)
暖をとったり、薪をくべたりすることで家の天井が
真っ黒い煤で汚れていたそうなんですね。

文字のままですが、一年間溜まった
い落とすことが「煤払い」です。
現代の大掃除と同じですね。

年神様を迎えるのは神聖なこと!!ですので、
まず神棚や仏壇の掃除から始めましょう。

*・*・*・松迎え(まつむかえ)・*・*・*

古くは煤払いの後に行っていた「松迎え」。
山に取りに行く習慣があり、新年の年男が
新年の恵方の方向にある山に出かけたそうです。

なんのためかと言うと、
①雑煮を炊くための薪
②門松に使う松
を準備するためです。

因みに今では「年男」と聞くとその年の干支にあたる「男性」を思い浮かべますが、
もともとはお正月の行事を取り仕切る人のことを「年男」と呼びました。
家長が「年男」を務め、
暮れの大掃除
お正月の飾りつけ
年神様への供え物
おせち料理を作るなど
お正月全般を取り仕切っていたんですよ。

今ではその役目はどちらかと言うとお母さんに移っている感がありますね。

年末の足音が聞こえるこの時期、お正月に関することを始める日、
それが「正月事始め」。

現代では一軒家でも囲炉裏がある家庭の方が珍しいくらい、
都心ならマンション住まいの方も多くいらっしゃることと思います。
昔とでは違うこともありますが、各家庭のやり方や、
今の時代に合わせてアレンジしても良いと思います(^^)

そして、お正月は人が集まる機会です。
人と人との繋がり家族と家族の繋がり
再確認できる大切な機会です。
皆様にとって気持ちの良い新年が迎えられますように。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

*次回和装試着体験は12月22日(日)
☛ ☛ 18:30 ☚ ☚
残り1枠!ご希望の方はお早めにお問合せくださいませ。

神社ツアー料亭ご試食会も承っております。

TEL:0564-21-5539


japan_traditional_weddingで検索♪

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

三河神前挙式公式ラインアカウント

ID:mikawashinzen

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 昨日は「正月事始め」でした
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: プランナーのつぶやき, 伝統文化, 神社 | コメントをどうぞ

春の結婚式

こんにちは 三河神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧いただきまして誠にありがとうございます!
初めてご覧頂く皆様、何かお役に立てると嬉しいです♪

今日は今年最後の満月なんですって
『コールドムーン』だそうですよ。
空気も澄んでいるから綺麗に見えるでしょうね~
楽しみです。皆様も暖かくして今年最後の満月を鑑賞されませんか?

今年最後の満月

さて、今月はご相談会・神社ツアー共に大盛況を頂いております。
今週の土日もたくさんのお客様に相談会にお越し頂きますよ~!
今結婚式の準備を始めるお客様が選ぶ時期、
一番人気は春!2020年3月~5月を目指して
結婚式の準備をする方が多いです。
挙式とお披露目(お食事)会・挙式のみ・お披露目(お食事)会のみ
フォトウェディングのみなどなど
11月からご相談が多くなりました!!

春の結婚式♡

寒さを超えた春の結婚式、
コートも手放せるようになり、気持ち的にも陽気になり、
お呼ばれするにも嬉しい季節じゃないでしょうか??☀

ご参列の方にも、神社への移動や食事会場への移動の際、
室内と外との気温差が少なく、快適に過ごして頂けるのも安心です。

バスで移動♫

春めいてくると、自然も息を吹き返します。
お外での写真も綺麗に残せますね。
桜や新緑と一緒にロケーションで撮る写真は
思い出に残ること間違いなしですね(^^)

伊賀八幡宮・八重桜

松平東照宮・新緑

河津桜

結婚式を挙げるなら、日柄が良いに越したことはありませんね。
いわゆるブライダルシーズン(春・秋)は日にちは埋まりやすいもの。
それぞれのご家族に事前に相談しておくと日程は決めやすいですね。
「大型連休はどう??」 「土日の方が良いかな?」
など意見をまとめておくと話がスムーズに進みます。

いつにしよう??

どのお客様にもお伝えすることではありますが、
条件の良いお日にちや時間枠はとても埋まりやすくなっています。

大安・友引などお日柄の良い日は特にご注意くださいm(_ _)m

できるだけ良いお日柄を確保したい!!と思う方は、
早めのご来館がオススメです。
「結婚式の日にち」とても大事なことですので、
ご自身やご家族にご納得頂かなければ!
みんなが納得するためにも時間は必要。
初来館の日に契約を迫ることはありませんので、
じっくり考えて頂ければ、と思います。
ただ、先にも言った通り、早め早めの行動が吉でございます。

春挙式が気になるな~という方、お問合せお待ちしております♪

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

*次回和装試着体験は12月22日(日)
☛ ☛ 18:30 ☚ ☚
残り1枠!ご希望の方はお早めにお問合せくださいませ。

神社ツアー料亭ご試食会も承っております。

TEL:0564-21-5539


japan_traditional_weddingで検索♪

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

三河神前挙式公式ラインアカウント

ID:mikawashinzen

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 春の結婚式
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: プランナーのつぶやき, レストランウェディング, 和婚 料亭ウェディング, 国際結婚, 家族婚, 少人数お披露目会, 挙式のみ, 神前式, 神社婚 | コメントをどうぞ

今さら聞けない?食事のマナーについて

こんにちは 三河神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧いただきまして誠にありがとうございます!
初めてご覧いただく皆様、何かお役に立てると嬉しいです♪

今日は胃腸の日らしいです!
12月11日なので胃に(12)いい(11)という事みたいですよ~!
忘年会シーズンや、クリスマス、正月と
冬の今の時期は大量の飲酒や、飲食が予想されますね!
胃腸を壊さず、適度に楽しんでいきたいものです(*^_^*)

忘年会シーズン

さて、日本人ならほぼ毎日つかうお箸!
たまにレストランに行ったとき等に使うナイフやフォーク!
当たり前ですがこれらにはやっていけないマナーも沢山存在します。

箸の使い方、ナイフやフォークの使い方、
自分だけ見当違いな事をしないように…
周りをこっそり見ながら、周りに合わせる…なんて経験
皆様にも一度や二度はあるんじゃありませんか?!

食事のマナー

今日は今さら聞けないテーブルマナー、
ご紹介いたします!

まずは箸。
実は結構沢山のマナー違反がありますよ。

【渡し箸】・・・器の上に箸を渡すようにして置くこと。
箸を使用しない時は必ず箸置きに置きましょう。【探り箸】・・・器やお椀の中をかき回すようにして探ること。【重ね箸】・・・ひとつの料理ばかりを続けて食べること。
バランスよく食べることを意識しましょう!

【寄せ箸】・・・器の中に箸をかけて、自分のほうに寄せる。
箸は一旦箸置きに。食器の移動は必ず両手で行いましょう。

【刺し箸】・・・食べ物に箸を突き刺すこと。
食べにくいものは半分にするなど工夫をすると◎

【移り箸】・・・箸をつけたのに別の料理に移る。次のものを口にするのは、
一度箸をつけたものを食べ終えてからにしましょう。

【迷い箸】・・・箸を皿から皿へと迷わす。美しい食事には、
潔い決断力も必要です。スマートな動作を心がけて。

【かきこみ箸】・・・器に直接口をつけて箸でかき込んで食べる。
ゆっくり食事を楽しみましょう。

その他にも【ねぶり箸】【涙箸】【拾い箸】【もぎ箸】などなど・・・
お箸のNGマナーは意外に多いのです。
意識せずやってしまっている事も多々あるのでは?
改めていきましょう!

正しく使っていきましょう!

そして「ナイフとフォーク」
披露宴時のお料理として一番提供されているのは「フレンチ」です。
披露宴の時はもちろん、高級レストランに入った時に
ずらっと並ぶカトラリー類に「何がどれ?!」と焦った記憶はありませんか??

綺麗にテーブルセッティングしてあります

その答えは簡単。
「カトラリーは、両端から順に」使っていくのがマナー。

両端から!

食事の際のちょっと一休みのときは?
フォークの先を下向きに、ナイフの刃を手前に向け、
「ハの字にさせて皿の中に」置きます。
お皿の中に置くことで、ひっかけてしまったりなどの心配もないですね。

食べ終えたらナイフとフォークは皿の上に。
ここでは、「右側から斜めに」並べておいてください。
フォークは上、ナイフの刃は手前を向けると危なくないですね。

そしてこれまた結婚式場や、高級レストランに必ず置いてある「ナフキン」
ナフキンにも意外と色々あります。

ナフキン

「裏側を表に」
縫い目がない方を表にしがちですが、実は表面が汚れないように
汚れがついても目立たない裏側を表に向けて使用するのがマナーです。

「広げる」
ティータイムなどに出てくる小さめのナフキンは、
膝が隠れるように折らずに広げましょう。

ナフキン

「滑りやすい服の時は手前を折り曲げる」
ツルツルした素材の服は、気がついたら床にナフキンが落ちてしまいがち。
基本は広げるものですが、手前を少し下に
折り曲げておくだけで、安定感がまったく違います。

「口元を拭くときはナフキンの端で」
ナフキンは、時に高価な生地で出来ているものも多いのです。
だからこそ、真ん中を汚さないよう端を使用すると出来る大人感◎

「退席時はきれいにたたまず、テーブルの上へ」
帰る際、ナフキンをきちんとたたんで机に置いていたりしていませんか。
実は、ナフキンはきちんとたたんで置くのではなく、
ふわっとテーブルの上に置くのがマナー。
逆に、きちんと置いてしまうと、美味しくなかったという
意味になってしまうこともあるんです。

綺麗にたたんでおかなくてOK

ビックリ(@_@;)
ナフキン、いつもたたんで帰ってしまっていました 汗

そして、最後に「お食事の順序」

一皿に何品か盛られているお料理は
特に食べる順番は決まっておりませんが、
温かいものは冷めないうちに、先に食べるのがオススメ✿

前菜などは一皿に何品も盛られていることが多いですよ

上記で伝えたように、迷いながら(迷い箸)食べるのは控えましょうね。

日本料理の器の大半は手に持って食べても大丈夫◎
しかし、お刺身や天ぷらといったメインのお皿は
置いたままお食事をすると良いでしょう。

天ぷら

また、お食事でよくやりがちな、
手をお皿がわりに添える「手皿」。

こぼしそうになった時や汁が垂れそうに
なった時にやりがちですが手皿は無作法とされております。

どうでしたでしょうか?
改めて普段、割とやってしまっていることが多くて
マナー違反だったなぁ、とプチ反省中な私ですが(笑)
しっかりマナーを身につけてどこに行くにも
自信を持って所作が出来たら素敵ですね♪

皆様も是非ご参考にしてみてくださいね(*^^)v

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

⇓ ⇓ ⇓ 三河神前挙式のブライダルフェア ⇓ ⇓ ⇓

*次回和装試着体験
12月22日(日)
18:30のみ

ご予約可能です。

*注目!神社ツアー(一社)+お食事会場ご試食
特別フェアを開催中♬

最短2週間の準備期間でも可能です。
神社挙式に関することはなんでもご相談くださいね。

japan_traditional_weddingで検索♪

TEL:0564-21-5539

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 今さら聞けない?食事のマナーについて
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: プランナーのつぶやき, 伝統文化 | コメントをどうぞ

男性の第一礼装、紋付袴

こんにちは 三河神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧いただきまして誠にありがとうございます
初めてご覧頂く皆様、何かお役に立てると嬉しいです!

さて、今日は題名の通り、紋付羽織袴について。
紋付羽織袴は和装における男性の「第一礼装」です。

紋付袴のお着付け

女性は白無垢の他、色打掛や引き振袖も同格のお衣裳なのですが、
男性はこの紋付袴が一番なのですね~!

今や色々な色や模様、組み合わせがある紋付羽織袴ですが、
最もよく目にするのはこのスタイルでしょうか。

紋付羽織袴

の紋付羽織に、縦縞の仙台平の袴。
実はこの組み合わせが紋付羽織袴の中でも最も格が高いとされています。

まず何色にも染まることのない黒は
「一家の大黒柱になる男性の強い意志」を表しています。
これから家族を背負って立つ立場になるご新郎様。
結婚式と言うけじめの場で、着用するのにふさわしいですね!(^^)!

紋付は背中心と左右の胸元、両袖に紋が入る五つ紋です

そして、仙台平(せんだいびら)という袴は、
宮城県・仙台市の地域ブランドで、絹織物の高級袴地のこと。

仙台平袴

故にこの組み合わせは、正装感が男らしさを感じさせると共に、
落ち着いた存在感できらびやかな花嫁の着物のとなりでもしっくり馴染みます。
風格を醸し出してくれるのにもってこいですね!

ばっちり決まっています

でもね、色々書きましたが、結婚式は一生に一回の場。
ご自身が一番自信を持って臨める紋付羽織袴をお選びくださいね。
色は黒だけではありませんし、袴も縦縞のものだけでなく亀甲やぼかしのものもあります。

以下ミニギャラリー

白色

薄青色

若草色

グレーから紫色のグラデーション

深緑

紫色

ラメ入りの黒

いかがでしょうか。
花嫁様だけと思われがちですが、紋付袴にも
色々なバリエーションがあるのですよ。

気になる方は、是非お衣裳選びの際にも色々試してみてくださいね♪

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

⇓ ⇓ ⇓ 三河神前挙式のブライダルフェア ⇓ ⇓ ⇓

*次回和装試着体験
12月22日(日)
18:30のみ

ご予約可能です。

*注目!神社ツアー(一社)+お食事会場ご試食
特別フェアを開催中♬

最短2週間の準備期間でも可能です。
神社挙式に関することはなんでもご相談くださいね。

japan_traditional_weddingで検索♪

TEL:0564-21-5539

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 男性の第一礼装、紋付袴
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: プランナーのつぶやき, 和装衣裳, 神前式, 神社, 神社婚 | コメントをどうぞ

今年最後の和装体験、ご予約お待ちしております!

こんにちは 三河神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧いただきまして誠にありがとうございます!
初めてご覧頂く皆様、何かお役に立てると嬉しいです♪

本当に実感はないですが、年末まであとちょっと。
今年は平成から令和に変わり、何かと
「平成最後の」とか「令和初の」とか聞く事も多かったですね。

○○最後とか○○初の、とかって何か意欲を掻き立てるというか、
いつもはやらない事でも折角だから記念にやっておくか、と
思ってしまうから不思議(^^)

人間の心理って面白いですね!

ということで、今年最後の(笑)
和装試着体験、ご予約お待ちいたしております♪

和装体験

【開催日】
12月22日(日)
10:00~ 11:00~ 13:00~ 14:00~ 15:00~

体験時間は約1時間

やっぱり実際体験してみないと分からない事は沢山ありますからね。
婚礼衣裳の重みや生地感を肌で感じてみてください♪

沢山並んだ婚礼衣装たち

実際着用してみることで、花嫁気分・花婿気分もググンとアップ!
こんなイメージになるんだなー、と当日が今から楽しみになるに
違いありませんよ(^^)/

お着付け

年末年始はご実家に帰省する方も多いはず。
ご家族・ご親族が集まる中で、結婚式の話が
具体的に決まっているとスムーズですよね♪

日程・挙式神社・食事会場・金額。
和装試着体験と合せて相談にのります!
是非年内最後の機会を見逃さないで!(^^)!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

⇓ ⇓ ⇓ 三河神前挙式のブライダルフェア ⇓ ⇓ ⇓

*注目!神社ツアー(一社)+お食事会場ご試食
特別フェアを開催中♬

最短2週間の準備期間でも可能です。
神社挙式に関することはなんでもご相談くださいね。

japan_traditional_weddingで検索♪

TEL:0564-21-5539

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 今年最後の和装体験、ご予約お待ちしております!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: イベント・プラン情報, プランナーのつぶやき, 和装花嫁体験, 和装衣裳, 花嫁衣裳 | コメントをどうぞ