ご自前の振袖で “オリエンタル和装”

こんにちは 三河神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧いただきまして誠にありがとうございます!
初めてご覧頂く皆様、何かお役に立てると嬉しいです♪

昨日は「白無垢」についてお伝えしましたが、
本日は、お色直しの提案として【オリエンタル和装】を紹介します。
それがこちら!

オリエンタル和装

この写真をご覧頂くと、和風のドレスだな~と思いますよね。
実は、こちらもともとドレスの形をしたものではなく、
ご自身の振袖を活かして、着付の技術だけでドレスに変身するのです♪
ハサミでの裁断や、針や糸で裁縫などは行わないんです。
着付の技術だけでドレスに仕立てています(^^)

振袖の柄や色味を利用した、見事な和柄のドレス♡
後ろ姿はこんな感じです。

後ろ姿

帯を使って美しいお花を再現!
帯や帯揚げ、帯締め、重ね襟など
着物を着用する時に使用する和装小物達も使用します。

ご自身がお持ちの振袖を活かすことができる
新しいお着付けスタイルですよね!

その間、約10分~15分!
早業です(・∀・)
着付けをほどいてしまえば、また元通りのお着物へ♪

振袖って、家族から譲り受けたり、成人のお祝いに
おじいちゃんおばあちゃんが仕立ててくれたり、
という話を伺います。

未婚の女性の第一礼装ですので、
結婚式を迎えてしまうと、もう袖を通す機会はなくなってしまいます。

想いのこもった振り袖

ご自身のお振袖をお持ちの方は、是非結婚式の日に
お色直し後のお衣裳として着て頂く事をお勧めしております(#^.^#)

正統派の着こなしもgoodですが、
せっかくの結婚式ドレスも良いかな、
ちょっとしたサプライズしたいなという方は
「オリエンタル和装」、良いんじゃないでしょうか??

こちら(↓下の写真)は今年の春の結婚式で
オリエンタル和装でお色直しをした時の様子。
ご家族が贈った振り袖を活かしたドレスでの登場、
おじいちゃんの想いも溢れてきますね。
こんなに喜んでくれてとっても嬉しい!(^^)

おじいちゃん泣いて喜んでいました!

年内にもオリエンタル和装のお嫁様がいらっしゃいます。
もちろん着こなしも楽しみですが、ご家族の反応もとっても楽しみです♡

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

*注目!神社ツアー(一社)+お食事会場ご試食
特別フェアを開催中♬

*次回和装試着体験は10月28日(日)
10:00/11:00/13:00/15:00
ご予約承っております。

TEL:0564-21-5539


japan_traditional_weddingで検索♪

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

三河神前挙式公式ラインアカウント

ID:mikawashinzen

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ご自前の振袖で “オリエンタル和装”
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: おもてなし, プランナーのつぶやき, レストランウェディング, 和婚 料亭ウェディング, 和風アイテム, 家族婚, 少人数お披露目会 | コメントをどうぞ

参考にしたい!先輩花嫁の色合わせ白無垢コーディネート♡

こんにちは 三河神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧いただきまして誠にありがとうございます!
初めてご覧頂く皆様、何かお役に立てると嬉しいです♪

本日は東北ではこの秋初めて氷点下になった地域もあるとのことです。
急に肌寒く感じますので、皆様風邪などひかれませんように(^^)

三河神前挙式でも多くの花嫁さんがお召しになる白無垢。
“白無垢”は頭からつま先まで真っ白なまま嫁ぐ
嫁ぎ先の家風に染まる

そんな意味が込められています。
白で統一はやはり安定感があり、どの世代からも喜ばれます。

頭からつま先まで白で統一

最近では白無垢にも様々なコーディネートがあり、
提携衣裳店でも色々な提案を頂けますよ。
その一例を紹介致します。

【赤ふきの白無垢】
「ふき」とは打掛の一番下のふっくらしている部分を指します。
裏地を表に折り返して、綿入れをしている裾部分のところです。
綿を入れて重みを出すことで、風などで
シルエットなど着崩れないようになっています。
(↓の写真)こちらのお嫁様の「ふき」の部分が赤いですよね。
赤い「ふき」だから「赤ふき」、
ぱっと目を引く差し色になっていて、素敵です♫
小物も紅白で統一!

赤ふきがアクセント

似たように見えるのですが、こちらは少し言い方が違います。
【赤裏の白無垢】
ふきだけではなく、裏地全体が赤色になっています。
赤色が占める割合が多いので、より豪華な印象になります。

赤裏でより豪華な印象

赤裏の白無垢に合わせて、小物もチョイスするとより素敵になりますよ。
裏地が赤い綿帽子の用意もございます。
統一感があって素敵ですね(^^)

裏地が赤い綿帽子

続いては、こちら。
【白無垢×グリーンのコーディネート】
爽やかなおしゃれ上級者の花嫁コーディネートです!
はっきりしたグリーンではなく、パステルっぽいグリーンなので、
ふんわり優しいお嫁様の印象になりますね。

白×グリーンのさわやかコーディネート

白無垢でも一番見える部分が多い打掛(一番上に羽織るもの)は
白で、その下の掛下がグリーンになっています。
掛下だけだと、こんな感じです。
掛下の姿もお写真に収めておくと記念になりますよ♪

グリーンの掛下

【白×ゴールドの色合わせ】
清楚な白無垢にゴールドの差し色。
「色合わせで白無垢コーディネートを楽しみたいけど、
派手な色を合わせると、変化球すぎる?!」
と気になってしまう方にもおすすめできるのがゴールドです。
「品格ある花嫁」という言葉がピッタリきますね。
近くで見ると刺繍襟までゴールドでとても可愛らしいですよ♡

白×グリーンでそっと華やかさを

ゴールドで知っておきたいのは小物の色合わせだけではありません。
金糸(きんし)の白無垢はとっても豪華な印象を与えてくれます。
くっきりと柄が見えるので、写真映えもばっちりですね。
とても華やかな印象になります✧
当時大変話題になった沢尻エリカさんも金糸の白無垢でした。

金糸の白無垢

一口に白無垢と言っても、コーディネート次第で
印象が変わりますね♪
お嫁さん自身も楽しみながら、ご自身にぴったりの
白無垢に出会えると良いですね。

コーディネートを楽しめるブライダルフェア 和装試着体験
来週末10月28日(日)に開催✩
10:00/11:00/13:00/15:00
ご予約承っております。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

*注目!神社ツアー(一社)+お食事会場ご試食
特別フェアを開催中♬

TEL:0564-21-5539


japan_traditional_weddingで検索♪

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

三河神前挙式公式ラインアカウント

ID:mikawashinzen

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 参考にしたい!先輩花嫁の色合わせ白無垢コーディネート♡
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: プランナーのつぶやき, 和装花嫁体験, 和装衣裳, 和風アイテム | コメントをどうぞ

10月8日 自宅着付⋆松平東照宮 竜一さん絵梨香さん挙式レポート

こんにちは 三河神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧いただきまして誠にありがとうございます!
初めてご覧頂く皆様、何かお役に立てると嬉しいです♪

本日は気持ちの良い秋晴れでしたね。
秋がどんどん深まります!
自然やスポーツ、食べることも楽しみましょう⋆

本日は10月8日に行われた結婚式のレポートです。
竜一さんと絵梨香さん。
豊田に新居のあるお二人です。

竜一さん 絵梨香さん

「大好きな家族と育った実家で、花嫁になりたい」
そんな想いを持って、【自宅着付】をお選びになりました。
そして、宮城出身の竜一さんも絵梨香さんの実家は居心地が良いそうで、
週に一回は遊びに行くという仲の良さ(^^)
「新郎も一緒に自宅で花嫁の支度を見守ろう」と決めました。

私たちがお手伝いする自宅着付は、
「こういう形で!」と決まりきったものではありません。
新婦実家で新婦側の家族だけで行ったり、
新郎は神社で待っていたり、新郎が新婦の家まで迎えに来たり、
新郎のご実家にも行ったり、お二人に合った方法で提案しています。
でもお二人には“一緒に出る”方法がしっくり来ました。

家族が徐々に集まってきます

わいわい言いながら、朝食を食べて、朝のニュースを見て、
順番が来たら支度をして、、賑やかな自宅着付でしたね♡

お父様が作ったこの赤い毛氈も立派です。
晴れの日に娘を送り出すことを思いながら、
縁側から出られるようにご準備くださったんでしょうね。

お父様が毛氈をご用意くださいました

絵梨香さん、とても美しい~✧
お嫁さんになるとますます美しいです。
竜一さんが「こっちが似合うよ!」「これも試してみて!」
とあれこれ試して決まった花嫁衣裳。
白とゴールドの色合わせが豪華な印象を与えてくれます。

白無垢×ゴールドの素敵な色合わせ

お二人の支度も整い、窓を開けると
たくさんのご近所さんがお集まりくださっていました。
絵梨香さんのおばあちゃん、孫が結婚することがとても嬉しくて、
お友達にお話ししていたんですって。
おばあちゃんにとって自慢の孫ですもんね。
たくさん「おめでとう」と言われて、お二人もおばあちゃんも嬉しそうです♩

ご近所さん おばあちゃんのお友達

出発前には大好きな家族へ結婚の挨拶。
改めて顔を合わせて言葉をかけると、込み上げるものがあります。
絵梨香さんはこの家族だからこそ、乗り越えられたことがある、と。
いつも笑顔、楽しいこと大好き、ただそれだけではなく、
辛い時も一番の味方でいてくれた
感謝の想いを伝えていらっしゃいました。
本当に良い時間でしたね。

ご家族へ挨拶

さぁお母様に手を引かれて、自宅を出発。
澄んだ空気、爽やかな緑、
徳川家の祖、松平家発祥の地にある【松平東照宮】へと向かいます。

お母様に手を引かれて自宅を出発

厳かに進む神前挙式の中でも
お二人で考えた“誓いの言葉”は、特に印象深かったのではないでしょうか。
大切な家族が見守る中、挙式を執り行いました。

松平東照宮挙式

挙式後はフォトタイム。
宮城からお越しの竜一さんのお父様お母様。
就職で愛知県へ旅立つ息子さんに
寂しさや心配もあったかと思います。
お二人の結婚式の機会にお越し頂いて、
竜一さんが生活するところがどんな街か、
感じて頂けたのではないでしょうか?

「やだ~。若いっていいねぇ。『夫』『妻』だって!♡」
なんて言うものだから、是非是非!とスタッフの押しに負けて
ご両親の写真も撮らせて頂きました。
良い記念になりますように(^^)

竜一さんのご両親 ハイポーズ✌

とても温かなご両家両親、
絵梨香さんのことを大切に想うお姉様、
主役のお二人の次に目立っていたイケメンの弟さん、
お話好きで止まらないおばあちゃん、
髪の毛、着物、小物、緑色なのに
「緑色は好きじゃない」と言い張るおばあちゃん、
新しい家族の誕生ですね。
個性的で愉快な家族の皆さん、
お二人の家族のように竜一さんと絵梨香さんもずっとずっとお幸せに。

サポートさせて頂き、ありがとうございました♡

新しい家族の誕生

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

*注目!神社ツアー(一社)+お食事会場ご試食
特別フェアを開催中♬

*次回和装試着体験は10月28日(日)
10:00/11:00/13:00/15:00
ご予約承っております。

TEL:0564-21-5539


japan_traditional_weddingで検索♪

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

三河神前挙式公式ラインアカウント

ID:mikawashinzen

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 10月8日 自宅着付⋆松平東照宮 竜一さん絵梨香さん挙式レポート
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: ご自宅着付け, 和装衣裳, 家族婚, 挙式のみ, 挙式レポート, 神前式, 神社, 神社婚, 花嫁衣裳 | コメントをどうぞ

結納と両家顔合わせについて

こんにちは 三河神前挙式です。
本日も花嫁日記をご覧頂きまして誠にありがとうございます!
初めてご覧頂く皆様、何かお役に立てると嬉しいです♪

今日は朝から冷たい雨が降りましたね。
気温も低く風邪ひかれないようにお気お気をつけ下さいね。

さて今日は、結納とお顔合わせについてお話させて頂きます。

結納飾り

まず「結納」と「両家のお顔合わせ」の違いについてお話します。

結婚にまつわる儀式の中の一つが結納(結納式)と言います
男性側から女性側へ結婚の約束をする儀式です。
儀式なので式の流れ、配席、口上なども決まっています。

*地方によってしきたりた結納飾り(結納品)なども違っているので
netで調べたり、結納品を扱っているお店で確認して当日を迎えられると良いですね

続いて『お顔合わせ』とは・・・

ホテルやレストラン、料亭などに両家の親族が集い、顔合わせをするスタイルです。
この時の親族は両親だけという場合や兄弟、祖父母も
一緒にするという場合もあります
この時に婚約指輪をお渡しになる方も多くいらっしゃいます。
費用などは折半で行う場合が多いようです

お顔合わせお食事会

まとめると、結納は昔から行われている儀式であり
結婚の約束を取り交わすこと

両家顔合わせは、儀式性はなく
両家の親睦深める意味合いが大きい

では、『結納(式)』とは
二人が結婚しようとお互い承諾してそれぞれの両親にも報告したら
次は家と家のご挨拶
女性のご自宅にて男性とご両親が
大切に育てられたお嬢さんと 我が家の息子が結婚させて頂くにあたって
約束の品物(結納飾り)と
お嫁入り支度をして頂くための小袖料(結納金)をご用意し授受します。

お飾りにも一つ一つ意味があります

目録・受書の受け渡しを行い結納の儀式は成立します
(*地域によって飾りや進め方が違ったりします)

そしてこの後お食事に移行して和やかにお顔合わせのお食事となります

この結納式 お仲人さんによって進められていましたが
今では親御様が進められたり 結納師が進める場合が多くなりました。
この形を略式結納といいお食事会の会場で行います。

【お顔合わせ】 と 【結納】
確かにこの過程を見ると
結納って
必要なの? 古臭い! 形式ばってるからちょっと面倒だな。
そんな風に感じる方が多くなっているのかもしれないですね?

でも この結納【結婚の約束】儀式として行うことで
昔から伝えられてきたお飾りの意味を知り、結婚するということを考えたり
家庭を持つ責任も少しずつ考えていける時間も持てるのではないかなと思います。

そして何より お嫁に出す親御様は安心されるのではないでしょうか?
三河神前挙式では 結納式のお手伝いもさせて頂きます。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

*注目!神社ツアー(一社)+お食事会場ご試食
特別フェアを開催中♬

*次回和装試着体験は10月28日(日)
10:00/11:00/13:00/14:00/15:00
ご予約承っております。

TEL:0564-21-5539


japan_traditional_weddingで検索♪

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

三河神前挙式公式ラインアカウント

ID:mikawashinzen

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結納と両家顔合わせについて
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: プランナーのつぶやき, 仏前挙式, 伝統文化, 神前式, 神社, 神社婚 | コメントをどうぞ

10月7日知立神社挙式 まなぶさん・あゆみさん

こんにちは 三河神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧いただきまして誠にありがとうございます!
初めてご覧頂く皆様、何かお役に立てると嬉しいです♪

本日は気持ちの良い秋晴れでしたね。
太陽が綺麗に出ていました。
三河神前挙式の周りでは町内の行事で子どもたちが
練り歩いていました(^^)
晴れて良かったです!

町内の行事でした♪

さて、本日は10月7日の挙式をされたお二人のレポートブログです。
お二人が結婚の誓いに選ばれた場所は知立神社さん。
初めから迷いなく「知立神社さんで」とお選びになりました。
お二人の地元の有名な神社さんです。
ご家族やお友達も集まりやすく、
そしてこれから何か節目の機会に訪れる場所ですね。

早朝からのお支度でしたが、約束の入り時間の前には
手水とお詣りをされていらっしゃいました。
これから挙式をする神社の神様に、挨拶をすること、
とても大事なことです。
そういう大切なことをきちんとされるお二人です。

お支度前にお詣り

挙式のお支度も着々と進んでいきます。
白一色で統一した白無垢。
おかつらと角隠しで、あゆみさんはだんだん花嫁様になっていきます。
少し緊張気味のまなぶさんも紋付袴とヘアセットでばっちりと花婿様になります。
これがご家族の皆様からは好評で、
「七五三になってない!」(笑)
「かっこいいよ!」とお褒めの言葉が飛び交いました(^^)
お支度の間はお互いの支度の様子を見合ったり、
普段通りの会話で、終始和やかな雰囲気でしたね✩

あゆみさんだんだんと花嫁様へ

お支度後は写真撮影タイム。
この日はとても暑かったのですが、
「お二人の素敵な和装姿を残したい!」
とたくさん写真撮影を撮らせて頂きました。
お二人とも和装がよくお似合いで、素敵でしたよ~!
アルバムの出来上がり楽しみにしていてくださいね✩

お二人の写真撮影タイム

その頃にはたくさんのお友達もお見えになっていました。
あゆみさんのお仕事関係の教え子ちゃんも
「先生おめでとう!」
「先生の花嫁姿楽しみにしていたよ~!」
嬉しい言葉でしたね。
お友達からもプリザーブドフラワーの飾りのプレゼント。

お友達からのプレゼント

挙式説明の後、いよいよご神殿へと向かいます。

挙式説明

参進の儀

厳かな空気の中、挙式を挙げられました。
お二人が今後も知立神社さんを訪れる時には、
挙式の一瞬一瞬も大切に思い出して頂けますように。
水引とタッセルがアクセントの
和風のリングピローを使っての指輪の交換もされました。

和テイストのリングピロー

挙式後はご兄弟、おじい様おばあ様も見守る中、
親御様へ「今日まで育ててくれてありがとう」の気持ちを届けてくださいました。
普段はなかなか言葉にしない、大切な言葉と一緒に⋆

親御様へ花束贈呈

皆様お揃いでの集合写真。
この日の記念になりますね。

ご両家での集合写真

しっかり者のあゆみさん、優しいまなぶさん、
お二人らしい家庭を築いていってくださいね。
お二人本当におめでとうございます(^^)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

*注目!神社ツアー(一社)+お食事会場ご試食
特別フェアを開催中♬

*次回和装試着体験は10月28日(日)
10:00/11:00/13:00/14:00/15:00
ご予約承っております。

TEL:0564-21-5539


japan_traditional_weddingで検索♪

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

三河神前挙式公式ラインアカウント

ID:mikawashinzen

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 10月7日知立神社挙式 まなぶさん・あゆみさん
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: 家族婚, 挙式のみ, 挙式レポート, 文金高島田, 神前式, 神社, 神社婚 | コメントをどうぞ