日本の神話シリーズ その2

こんばんわ、本日の花嫁日記は、
先日もお話いたしました
日本の神話物語、第2弾です。

前回のお話は天の国「高天原」で
様々な神様が生まれる「天地開闢」の回でした。

今回はその時生まれた男神と女神、
「イザナギ」「イザナミ」のお話です!

日本神話物語第二話「国産み」

神々が生まれた天、高天原(たかまがはら)は
徐々に秩序を保っていきましたが、
大地は未だに混沌として漂っていました。

そこで『別天津神(ことあまつかみ)』
大地を完成させるよう、イザナギ・イザナミに命じます。

そのためのアイテムとして、
『別天津神』『天沼矛(あめのぬぼこ)』
イザナギイザナミに渡しました。

彼らはその『天沼矛』を使い、
混沌とした大地をかき混ぜました。
この時、矛から何故か塩が滴り落ちたそうです。
それが大地に降り積もり、島が出来ました。

その島を『オノゴロ島』と言います。

「イザナギ」「イザナミ」
この『オノゴロ島』に降り立ち、
暮らすようになりました。

さて、「イザナギ」「イザナミ」
そろそろお互いを異性として、意識するようになります。
その時『オノゴロ島』で、こんな会話がありました。

イザナギ「ねぇ、イザナミ。君の身体はどんな風になってるの?」

イザナミ「私の身体はね、ちゃんと成長したんだけど、
1ヶ所だけ成長していない所があるの。」

イザナギ「そうなんだ…。実は俺の身体もね、成長したんだけど、
1ヶ所だけ成長し過ぎちゃった所があるんだ。
あのね、これから、俺の成長し過ぎちゃった部分を、
君の成長していない部分に刺して塞いでみようと思うんだ。
そして、このオノゴロ島以外にも島を産み出さないか!?」

回りくどい表現ですが、この会話の内容、
理解して頂けたのではと思います。

この会話のあと、女性のイザナミの方から
最終的な誘いがあり、なんやかんやありまして
イザナミは子どもを産みました。

しかし、産まれた子の『ヒルコ』には障害があり、
3歳になっても足が立たず、
舟に乗せられて海に流されてしまいました。
さらにその後に産まれた『アハシマ』も同じく障害があり、
ヒルコと同じように流されてしまったのです。

イザナギイザナミは悩み、
『別天津神』のところへ相談に行きました。
すると占いによって、

「あ、これはアレだね。
最終的に女のイザナミから誘って
子ども作ったからそうなったんだね。
男の方から誘って作れば大丈夫だよ。」

との結論が出ました。

そうだったのか!と目からうろこの
イザナギイザナミ『オノゴロ島』に帰り、
今度はイザナギから誘って子どもを作りました。

そして産まれたのが、順に

『淡路島』『四国』『隠岐島』
『九州』『壱岐島』『対馬』
『佐渡島』『本州』

の8つの島で、これらを総称して
『大八洲(おおやしま)』
と呼びました。つまり、日本列島です。

この後もイザナギイザナミは二柱でいくつかの島を産み出しました。

これが『国産み』の神話です。

ちなみに国産みの話に、北海道と沖縄は含まれていません。
日本神話は主に古事記・日本書紀の記述が基になっていて、

「古事記や日本書紀」が書かれた
奈良時代の朝廷の領土を天皇が治めることを、
神話によって正当化する目的があったようです。

北海道が日本の一部に数えられたのは、豊臣秀吉の頃。
でも実際は、豊臣政権期も江戸時代にも
北海道の一部しか実質支配出来ておらず、
北海道全土が正式に日本の国土となったのは
明治になってからなので実は150年も経っていないんです。

神話が作られた当時の「日本」の概念には、
北海道や沖縄は入っていなかったわけです。

さらに余談ですが

イザナギイザナミの最初の子ども、ヒルコアハシマは、
神話ではイザナギ・イザナミの子としてカウントしません。

海に流されてなんてひどい親!なんて気もしますが、
後にヒルコは七福神のひとつ『恵比寿』として、
アハシマは婦人病や安産祈願の『淡嶋神社』として、
きちんと祀られたとする民間伝承や信仰が残っています。

ただ、恵比寿に関しては由来がかなり多岐にわたりますけどね。

が、それはまた別のお話です。

少し余談が多くなってしまいましたね(^_^;)
このようにして日本列島が誕生したと言われています。

国が出来たので次回は国を治める神を生み出すお話です。
また次回をお楽しみに(^^)/

前回同様、しんわちゃんがお送りする姉妹ブログ
『神話の国で叶える本格神前挙式準備室』
もどうぞよろしくお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 日本の神話シリーズ その2
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

日本の神話シリーズ その2 への1件のコメント

  1. コールヒ より:

    イザナミ「1ヶ所だけ成長していない所が」――

    厳密には、『成長してない』ではなく
    是に其の妹・伊耶那美命に問ひたまひしく、「汝が身は、如何に成れる。」と問ひたまへば、答へたまはく、「吾が身は成り成りて、成り合はざる処一処あり。」(古事記上巻-二)――と
    足りないところがある――と言っています。
    成長してない――だと意味が大きく変わってしまうかと……

    それと、第一子の蛭子は別名・日霊子(ヒルコ)とも言われ
    第二子の淡島も別名・天地島(アワシマ)とも言われますが
    知っての通り子として認められず流されてしまい、以降登場しません。
    尚、七福神は仏教由来の概念であり、全てが中国大陸から齎された神です
    つまり、エビスは恵比寿であって蛭子ではなく一切関係ありません。
    不遇、子捨て、無い者とした等――これらの印象を変える為
    後世で脚色した内容がエビス=ヒルコ説です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">