花嫁さんしか着れません。婚礼衣裳の種類♪

皆さんこんにちは、三河神前挙式です
本日も『花嫁日記』をご覧いただきまして誠にありがとうございます♪
また初めてご覧頂く皆様、何かお役に立てますと幸いです(^^)

暑い日が続きますが風が吹くと爽やか心地いいですね♪

そんな本日は伊賀八幡宮さんにて挙式を承っておりました!

伊賀八幡宮さん

 

さてタイトルにもある通り、今回はお嫁さんが着る和装の
お衣裳についてお話しをしたいと思います

白無垢×綿帽子

こちらの写真の新婦様は白無垢に綿帽子をお召しになっています

和の結婚式では良く目にするお衣裳ですね
白無垢とは、上から下まですべて白で統一した婚礼衣装です

白は古来から神聖な色とされていて花嫁の清らかさや心の美しさを象徴しています
また、「嫁ぎ先のどんな家風にも染まります」という意味もあるそうです

角隠しのお嫁さん

角隠しとは、名前の通り、角を隠すことで従順でしとやかな妻となることを示します

角隠しはおかつらの時だけお召し頂けます(*^_^*)

こちらは綿帽子

綿帽子には挙式が終わるまで花嫁は
新郎以外の人には顔を見られないようにという意味が込められ、
初々しさや奥ゆかしさの象徴でもあります

そのため、先ほどの角隠しとは違い
綿帽子を付けている時のお嫁さんの視界はすごく狭いです(゜゜)

また綿帽子は洋髪の場合でもお召し頂けますが
白無垢の時にしか合わせる事はできません。

角隠しも、綿帽子もウェディングドレスの時につけるベールと同じです。
挙式後の披露宴では外して頂くのが一般的です。

さて、白無垢の他にこちらのお衣裳は色打掛です。

色打掛×洋装

白無垢とは違い色も柄も華やかなのが特徴的
その絵柄ひとつひとつちゃんと意味があり、鶴やボタンの花など
縁起がいいとされる文様が描かれています。

角隠しであれば、色打掛でも合わせて頂けます(*^_^*)

色打掛×角隠し

色打掛は白無垢と同格の正礼装になります

挙式時は白無垢を着て、お披露目会の際
お色直しで色打掛に替えられる方が多いですね(*^_^*)

色打掛によく似たお衣裳がこちら

引振袖×洋髪

引振袖は裾を引きずって着る振袖のこと。「お引きずり」とも呼ばれます。
色打掛のように鮮やかな文様があしらわれていますが、
大きな違いは帯が見えるか、見えないか!

色打掛は帯をした後にもう一枚お着物(打掛)を羽織るため帯は見えません。

引振袖の場合でもかつらであれば角隠しをお召し頂けます(*^_^*)

また、普通の振袖と違うのは引振袖は裾を引いて歩いても足に絡まないように、
裾にはふき(裾のへり部分)に綿が入っており、ふっくらしています。

いかがでしたか?
どのお衣裳を選ぶにせよ一生に一回の大切な日。

ご自身にピッタリのお衣裳と出会えるよう
いろんなお衣裳を試して頂きたいです(*^_^*)

そのため三河神前挙式では和装花嫁体験を開催しております。
ここではお衣裳を実際に着て頂き、おかつらも試して頂けますよ♪

来月の和装花嫁体験の開催日は

6月18日(日)
11:00~・13:00~・14:00~・15:00~

です☆

要ご予約制。
体験時間は1時間で一組様ごとにご案内なので、
ご希望のお時間も一緒にお知らせ下さいね。

お電話でのご予約の場合は、
「6月の和装花嫁体験の参加希望です」
とお伝え下さい。

TEL:0564‐21‐5539

インターネットからもご予約可能です!
下記お問合わせフォームから「和装花嫁体験」を
選んでもらって、ご希望のお時間をご選択くださいね。

japan_traditional_weddingで検索♪


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 花嫁さんしか着れません。婚礼衣裳の種類♪
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: 伝統文化, 和装花嫁体験, 和装衣裳, 神前式, 神社, 神社婚, 花嫁の髪型, 花嫁衣裳   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">