6月5日(土) 花井 義満さん 裕子さん 伊賀八幡宮挙式&披露宴

伊賀八幡宮蓮の花のつぼみ 伊賀八幡宮のはすの花のつぼみが
 膨らみ始めた6月5日。
 義満さんと裕子さんは結婚式を挙げられます。
 晴れることを祈っていたお二人の気持ちが届き、
 太陽がお祝いに駆けつけてきてくれました!!

     参拝手水の儀

          神社に到着したお二人はとっても幸せそうに微笑んでくださいました。
                     まず、手を洗い、身を清めます。
              その後、神様に『今日はよろしくお願いします』とお祈り。

フォトタイム 今日はなんと、ご媒酌人さまがいらっしゃいます。
 ご媒酌人とは結婚を取り持つ人で新郎新婦の介添えを行って頂いております。
 また円満な家庭生活を送られており、お二人の見本になるような方で
 新郎の上司がされることが多いようです。
 今ではご媒酌人を立てられる方は2%いるかどうか…。
 ですが、結婚式に重きをおいていらっしゃるお二人だからこそ、
 この重要な役割をご媒酌人さまは担ってくださったのですね☆
参進の儀
 美しい雅楽の調べの中、巫女に先導され本殿へと一歩一歩歩みを
 進める参進の儀。挙式を臨む大切な時間となります。
 挙式は伝統的で荘厳な雰囲気の中、厳かに執り行われ、
 晴れてご夫婦となったお二人。
 本当におめでとうございます。
 ホテルに進み、披露宴が始まります。

だるま

目入れ

 裕子さんは花かんざしでの入場。
 華やかさがアップ!義満さんもホレボレして
 しまいますね☆

 ご媒酌人の挨拶の後は、ダルマの目入れです。
 向かって右、ダルマの左目に願いを込めて命を吹き込んでいただきます。
 お二人はどんな願いを込めて命を吹き込みましたか??
 ダルマの目入れをお考えの方は是非和コモノnetをご覧くださいね♪

ミニ樽鏡開き

 ミニ樽鏡開きです。
 『鏡開き』とは昔から縁起がよいと言われている日本の儀式。『鏡』とは
 樽上部の木の蓋。 健康やしあわせを願って『1・2・3・よいしょ』と共に、
 鏡を木槌で叩いて開きます。本来大きな樽で行う鏡開きをテーブルの
 上で手軽に行え、ご出席頂いたお客様にもお二人をより近くで見て
 頂くことができるので、とっても人気な演出です。
 また、本日はお子様も多くいらしたので、樽の中にはお酒だけでなく、
 お菓子が入っていた樽もありました。
 お二人の優しさがひかりますね。
 また、席札もますにそれぞれご自分のお名前が入ったもの。
 自分の名前が入った枡もお持帰りができて、うれしいですよね☆

おめでとうございます!

 タキシード&ウェディングドレスにお色直ししての入場。
 来てくださった方とたくさんお話したいと歓談を中心とした
 お二人の披露宴でしたが、『よっくん』『ゆうちゃん』も
 皆様とたくさんお話しできて、お二人もとって楽しそう。
 自分達にあった披露宴が行えるといいですよね。
 これから結婚式を迎える方は司会者さんとしっかり
 お打合せしてくださいね☆

 義満さん&裕子さん本当におめでとうございます。
 いつまでも仲良くお幸せに…☆

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 6月5日(土) 花井 義満さん 裕子さん 伊賀八幡宮挙式&披露宴
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー:     パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">