明日は鏡開きで無病息災を祈願しましょう。

こんにちは 三河神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧頂きまして誠にありがとうございます♪
初めてご覧頂く皆様、何かお役に立てると嬉しいです\(^o^)/
今日も冷えますね(>_<)
風邪やインフルエンザがとても流行っているようです。
暖かくして体を冷やさないようにお気を付け下さいね。

明日1月11日は「鏡開きの日」とされていますね。
(地域によって違いがありますが…)

鏡餅

お正月に年神様や仏様にお供えしていた鏡餅を下げて

雑煮や汁粉にして食べ、無病息災を祈る年中行事です。

雑煮

年神様とは、お正月に各家に実りと幸せをもたらすために
やってくると言われる新年の神様の事。

年神様は高い山から下りてくるそうですよ♪

初日の出と共に降臨し、1月7日までの松の内の期間
現世にとどまって頂いています。

初日の出

門松や鏡餅は遅くとも12月28日頃には飾り始めますが、
それらを飾るのは年神様をお迎えするための準備。
年が明けて年神様がご降臨された後は、門松がその依り代となり、
鏡餅はお供え物となるのです♪

門松

そのため、年神様がいらっしゃる松の内の期間に
下げたり、食べたりせず、飾っておくのが正解◎

ただし、松の内を過ぎた後もいつもまでも
飾っておくのはNG!

鏡餅はお供え物であると同時に、門松と同じように年神様が宿る所。
そのため、鏡餅を開くことで年神様をお送りし、
さらに、年神様の力が宿った鏡餅をいただくことでその力を授けてもらい、
1年の一家一族の無病息災を願います。
供えて、開いて、食べてこそ鏡餅の意味があるんですね。

神棚に供えられた鏡餅

現在の鏡餅は、食べやすくあらかじめ小分けにされた
お餅が鏡餅の中にパック詰めされており、
文字通りパックを「開く」だけとなりましたが、

パック入り鏡餅

本来は木槌や手で割るもの。
刃物で切るのは、「切腹」を連想させることから、
NGとされています。
鏡開き一つとっても現代風に分かりやすく、やりやすく

アレンジされている部分もありますが、
本来の由来や、意味は忘れずにいたいものですね。

お正月を連想させる行事も
鏡開きを明日に控えて、残り「どんど焼き」でしょうか。

どんど焼き お正月飾りを燃やします

またどんど焼きについては、後日お届けいたします。

2019年も健康で明るく丁寧に、乗り切っていきたいものです(^○^)

今年1年よろしくお願い致します

明日は年神様の力が宿ったお餅を頂く、鏡開き!
皆様も是非温かいお雑煮や、お汁粉にして、
召しがってみて下さいね♪

甘いお汁粉♪ 沁みます♡

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

*注目!神社ツアー(一社)+お食事会場ご試食
特別フェアを開催中♬

*次回和装試着体験は1月20日(日)
10:00/11:00/13:00/14:00/15:00
ご予約承っております。

TEL:0564-21-5539


japan_traditional_weddingで検索♪

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

三河神前挙式公式ラインアカウント

ID:mikawashinzen

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 明日は鏡開きで無病息災を祈願しましょう。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: 仏前挙式, 伝統文化, 地域情報, 神前式, 神社, 神社婚   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">