〖豆知識〗稲荷神社の神様は、キツネ??

こんにちは 三河神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧頂きまして誠にありがとうございます♪
初めてご覧頂く皆様、何かお役に立てると嬉しいです!

6月はじめの月曜日!
岡崎市の小学校中学校ではプール開きになったり、
今日からクールビズの企業もあったり、
着々と夏に向かっていますね~。
どうか昨年のような記録的猛暑の夏になりませんように・・・!

さてさて、本日の話題は神社の豆知識!

狛狐

神社でこのような像を見たことがありますか?
キツネさんの像です。

キツネ…?狛犬なら見たことあるけど?
なんて声も聞こえてきそう~。

ほとんどの神社にあるのはこちらの狛犬

狛犬

じゃあ狛犬だったりキツネだったりの神社の違いってなんだろう?
とふと疑問に感じるかもしれません(゜゜)?

実はキツネさんを飾っているのは稲荷神社なのです。

○○八幡宮、○○天満宮、○○大社など
神社にはいくつか種類があり、
○○稲荷神社もその一つを思っていただくと良いです。

三河神前挙式が紹介している神社の中にも
稲荷神社さん、ございます!

刈谷市の市原稲荷神社さん。

市原稲荷神社

市原稲荷神社さんにもキツネが社前を護っています。

稲荷神社のシンボル

キツネの絵馬

ではなぜ、稲荷神社にはキツネがいるのでしょうか??

「稲荷神社の神様はキツネ」と思っている方も
少なくないと思います。
でも、キツネ=神様そのものではないのです!

稲荷神社の神様は、「宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)」
またの名を倉稲魂命(うかのみたまのみこと)と言います。

元は五穀豊穣の神様。
現在では商売繁盛の神様と言われています。

その神様の使い・家来の役割をするのが
キツネなんですね。

キツネは食物神と関係の深い神聖な生き物として
崇められていたようです。

願掛キツネ納所

市原稲荷神社と言えば、鮮やかな朱赤の御社殿
魔除けの意味を持つ朱赤に惹かれて、
「市原稲荷神社さんで挙式♡」
と決める方も多いのですよ。

市原稲荷神社で結婚式♪

そうそう!市原稲荷神社さんでは、
平成25年に伊勢神宮・熱田神宮・出雲大社の
御遷宮・御造営が300年ぶりに重なった慶事の記念事業として
神楽殿が完成しました。

市原稲荷神社 神楽殿

檜の香り麗しい御殿で、
完成直後ならではの新鮮な空気も感じられることでしょう。

ご近所の方や結婚式を挙げられた方は
この機会にお詣りなさってはいかがでしょうか。(^^)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

*注目!神社ツアー(一社)+お食事会場ご試食
特別フェアを開催中♬

*次回和装試着体験は6月23日(日)
10:00/13:00/14:00/15:00
ご予約可能です。

ラインでのお問合せはこちらから☆ ↓↓↓

最短2週間の準備期間でも可能です。
神社挙式に関することはなんでもご相談くださいね。

japan_traditional_weddingで検索♪

TEL:0564-21-5539

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 〖豆知識〗稲荷神社の神様は、キツネ??
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: プランナーのつぶやき, 伝統文化, 地域情報, 挙式のみ, 神前式, 神社, 神社婚   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">