神社で挙式、それは日本人にとって自然なことなのです。

こんにちは 三河神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧頂きまして誠にありがとうございます♪
初めてご覧頂く皆様、何かお役に立てると嬉しいです!

6月も3分の1が過ぎようとしていますね。
早い早い(+o+)
そろそろ夏の連休のご予定を立てる方も多いのでは?

夏の旅行

夏の帰省のタイミングで結婚・結婚式のことを考える方も多いです。
神社での結婚式もご検討いただければ幸いです♪

今日は「神社で挙式をしようかな?」
「教会や式場で挙式をしようかな?」
と迷っている方へ。
道しるべになるようにお話しさせていただこうと思います。

西三河の神社を紹介しています

“三河神前挙式”
屋号にもなっている通り、私たちは三河に鎮座する
神社での挙式サポートをしております。

神社の挙式は、厳かで日本人ならではの神前式

日本では「八百万の神(やおよろずのかみ=沢山の意味)」
と言う言葉が示す通り、
自然界にある、あらゆるものに神が宿る
という考えがあり、その信仰対象は
山や川や、伝説上の人物、実在する人物、
動物や外来の神にも及びます。

岡崎市【六所神社】

そして神々が祀られた祭殿が常設化したものが、
今、私たちが足を運ぶ「神社」なのです。

誰しもが一度は神様にお祈りした事があると思います。
「志望校に合格しますように!」
「好きな人と結ばれますように♡」と。

神様にお願いをすることに
馴染みのあるのも当然です。

私たちは小さい頃から神社へ
足を運んでいたんですから。

愛情いっぱい♡

赤ちゃんを宿った時には
【安産祈願】
「無事に生まれてきますように」と祈り、

無事に赤ちゃんが産まれたら
【お宮参り】
「健やかに成長しますように」と祈り、





年初めには
【初詣】
「今年も一年元気に過ごせますように」
と祈りますね。

知立市【知立神社】

そういう意味で神社と言う場所は、
私たちの身近な存在として、
その場にあり続けているものなのです。

神社で挙げる結婚式と言うのは
紋付袴・白無垢に身を包み、
心に響く雅楽の音色を胸に、
両家の結びつきを祝う日本古来の挙式スタイル

岡崎市【伊賀八幡宮】参進の儀

決して派手ではありません。
それでもお二人やご家族の胸にずっとずっと在り続け、
ふと思い出すとずっしりと重みのあるもの
になるのでは、と思います。

挙式スタイルを迷っています、という方は
神社挙式の魅力をしっかりとお伝えします。
その上でご判断いただければ、と思います。

お二人が考えていること、なんでも話してみてくださいね(^^)

【6月の土日相談会】
16日(日) 23日(日) 29日(土) 30日(日)

(※火曜日以外の平日も承っております)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

*注目!神社ツアー(一社)+お食事会場ご試食
特別フェアを開催中♬

*次回和装試着体験は6月23日(日)
【残り3枠】10:00/13:00/15:00
ご予約可能です。

ラインでのお問合せはこちらから☆ ↓↓↓

最短2週間の準備期間でも可能です。
神社挙式に関することはなんでもご相談くださいね。

japan_traditional_weddingで検索♪

TEL:0564-21-5539

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 神社で挙式、それは日本人にとって自然なことなのです。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: イベント・プラン情報, プランナーのつぶやき, 地域情報, 家族婚, 挙式のみ, 神前式, 神社, 神社婚   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">