ちょっとした「和の贈り物」、何にする?

こんにちは 三河神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧頂きまして誠にありがとうございます♪
初めてご覧頂く皆様、何かお役に立てると嬉しいです!

6月10日=「時の記念日」

本日6月10日は「時の記念日」だそうです。
時は西暦600年。
天智天皇の時代までさかのぼります。
それまでは日の出と日没を6等分に分け、
鐘の音で時間をお知らせするのみだったのが
天智天皇が〔漏刻〕と呼ばれる水時計を作り、
一般市民も徐々に時間への意識を高めていったという話。

近江神宮(滋賀県大津市)では、
漏刻が初めてつかわれた6月10日を記念し、
「漏刻祭」というイベントが毎年行われているそうですよ。

和の贈り物♡

神社の結婚式と言えば、和の贈り物が人気です!
神社の結婚式を見に来てくれたご友人や近所の方へ。
「来てくれてありがとう!」の気持ちを届ける
ちょっとした贈り物について。

ここ三河地方は、
“お礼文化”がしっかりと根付いている地域です。
何かお祝いを頂いたら「半返し」というのが暗黙のルール。
「倍返しだ!」ではないです、「半返し」です。

お花のプレゼント★

張り切って御礼のお品を配ります!

お二人の意向というよりは、
「せっかく見に来て下さるなら、
手ぶらで返すなんてとんでもない!」と、
親御様が気にされるケースが多いんですよ。

せっかくですから、和の贈り物、
どんなものがあるか一部紹介します。

めでたいくっきぃ

どら焼き

お米

岡崎の老舗和菓子屋「備前屋」さんの商品も
手配・神社まで配達可能です!

一番人気・定番の「手風琴」

岡崎と言えば「八丁」すいーとぽてと

岡崎らしく♪「オカザえもん和三盆」

いろいろと紹介できる商品はありますが
忘れちゃいけない
西三河の伝統!
“ 花嫁菓子 ”

花嫁菓子

花嫁菓子はこの写真の通り、
寿と書いた透明の袋に
500円~1000円くらいのお菓子を詰めてあります!

昔から今も、ポリ袋・紙袋などには入れずに
そのままお持ち帰りいただいていますよ。

(おめでたいことは隠さないのです!)

親御さんが配ったり、ご親戚が配ったり。

お嫁菓子配りまーす!

自宅でお披露目をする花嫁さんの場合、
段ボール山積みで花嫁菓子を
用意していることも珍しくありません。

みんなで手分けして花嫁菓子を大移動~!

地元西三河に根付いた結婚式での贈り物。
ご年配の方にとっても受け継がれた安心感や、懐かしさを。
そしてお二人には、この風習を次の世代へと
繋いでいただきたいな、と秘かに思っているのです(^^)

本日は「和の贈り物」についてお届けしました!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

*注目!神社ツアー(一社)+お食事会場ご試食
特別フェアを開催中♬

*次回和装試着体験は6月23日(日)
【残り3枠】10:00/13:00/15:00
ご予約可能です。

ラインでのお問合せはこちらから☆ ↓↓↓

最短2週間の準備期間でも可能です。
神社挙式に関することはなんでもご相談くださいね。

japan_traditional_weddingで検索♪

TEL:0564-21-5539

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ちょっとした「和の贈り物」、何にする?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: おもてなし, プランナーのつぶやき, 和婚 料亭ウェディング, 地域情報, 家族婚, 挙式のみ, 神前式, 神社, 神社婚   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">