神無月と神話婚

こんにちは 三河神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧いただきまして誠にありがとうございます!
初めてご覧いただく皆様、何かお役に立てると嬉しいです♪

ここ最近朝晩は風が涼しく、半袖を着るか、
長袖を着るか、羽織るものを持っていくか、
着る物にも少し頭を使うようになりました。
暑い日は暑いですけど、もう10月ですからね。

そんな10月に入って早4日ですけれども、
10月は日本の旧暦で「神無月(かんなづき)」というのは
ご存知の方も多いと思います。

でもなぜ神無月という呼び方か、ご存知でしょうか?

漢字を一つずつ並べると、「神」「無」「月」
「神」様が「無」「月」=神様がいない?!!とも取れますね。
実は少し違っていて、「無」という漢字は連体助詞の「の」と解釈し、
「神無月」=「神の月」という一説もあります。

日本には古来から、八百万の神の考え方がありますが、
その神様たちが毎年10月になると出雲大社に集まり
会議をするとも言われています。
【出雲大社】と聞いて、思い浮かべるのは何でしょう?

やっぱり “縁結びの神様”かな?

出雲大社

出雲大社に祀られている主祭神は、「大国主大神(オオクニヌシノオオカミ)」
国津神の代表的な神で、今では広く“えんむすび”の神として人々に慕われています。

この“縁”はいわゆる男女の縁だけではなく、
生きとし生けるものが共に豊かに栄えていくための貴い結びつき。

代々の祖先の歩みを常に見守り、
目に見えないご縁を結んでいる、とされるのが大国主大神、その人です。

毎年10月に集まる神様の会議では、「どんなご縁を結ばせるか」ということ、
その他、来年の天気や、農作物の収穫についても話し合われているようですよ!

日本各地から神様が集まってくるわけですから、
そのタイミングでお詣りができればものすごく良いことが起こりそう♪
なんて思ってしまいます(^^)
出雲大社に神様が集まる月だから「神の月」
「神無月」の由来、興味深いですね。

そんな大国主大神が祀られる出雲大社で
挙式ができるってご存知でしょうか?

出雲大社結婚式

実は私たちのグループ会社で出雲大社の挙式のサポートを承っています。

神話の国で叶える神社結婚式『神話婚』(←クリック!)では、出雲大社の他、
出雲國一之宮の“熊野大社”、
縁結びの神様で有名な “八重垣神社
ゑびす社の総本社である “美保神社”etc…
山陰を代表する神社さんで挙式を上げることが出来ます♪

山陰エリアは神話の国ということもあり、
地元の方はもちろん、全国からも有難いことに
「ここの神社で神前挙式がしたい!」とご希望頂くことが多いんですよ。

神話婚

“現地に打合せに行けないけど、どうやって挙式の準備を進めたらいいの?”
そんな心配もあると思いますが、

東京・大阪・名古屋・松江・福岡での相談会イベント
メールや電話でのお問合せももちろん可能です。
提携のお衣裳店も全国にありますので、安心してお任せ頂けますよ♪

結婚式という人生の節目を、日本神話にも出てくるご由緒ある神社で迎える。
素晴らしいことだと思います✧

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【10月和装試着体験】
10月27日(日)
10:00・11:00・13:00・14:00・15:00・16:00

【10月相談会】
10月6日(日)9:30~・17:00~
10月12日(土)16:00~
10月13日(日)10:00・11:00・12:00・13:00・14:00
14日(祝)10:00・11:00・12:00・13:00・14:00・15:00
19日(土)20日(日)10:00・11:00・12:00・13:00・14:00・15:00
26日(土)27日(日))10:00・11:00・12:00・13:00・14:00

【神社ツアー】
↑クリックしてください

【料亭ご試食会】

↑クリックしてください

最短2週間の準備期間でも可能です。
神社挙式に関することはなんでもご相談くださいね。

japan_traditional_weddingで検索♪

TEL:0564-21-5539

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 神無月と神話婚
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: プランナーのつぶやき, 地域情報, 神前式, 神社, 神社婚   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">