今年こそ、余裕をもって準備しよう! 年賀状☆

こんにちは 三河神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧いただきまして誠にありがとうございます♪
初めてご覧いただく皆様、何かお役に立てると嬉しいです(*^_^*)

昨日から2020年用の年賀はがきが販売開始しましたね!
計画的な方なら、早めに買って早めに準備をするもの?!

新年の挨拶って若い世代を中心にLINEなどで済ませがちですが、
新婚さんだったり、家族が増えただったり、最近引っ越しただったり、
そういうきっかけで年賀状を出す習慣が戻ってきた方も
割といるのではないでしょうか?

年賀状っぽい?!キリリと

年賀状って準備も中々に大変ですが、
やっぱりもらうと嬉しいものですよね(*^_^*)

昨年お世話になったことへのお礼、
新しい年もよろしくお願いします、という挨拶、
近況報告、
年賀状にはそんな意味が込められていますよ

そして2020年、来年は十二支の最初、「子年(ねずみ)」です!
そういえば十二支って実は日本だけのものでなく、
各国に異なる十二支が存在するそうですよ!
豚がいたり、猫がいたり、ヤギがいたり、ワニがいたりするそうです(*_*)

話がそれましたが、
皆様は年賀状の文頭に書く新年のお祝いの言葉、「賀詞」には意識を向けていますか?
「謹賀新年」「賀春」「迎春」「Happy new year」「寿」「あけましておめでとう」
などのことですね。
この「賀詞」、実は送る相手によって使い分ける必要があるのです。

目上の方に送る場合→四文字の賀詞(謹賀新年・恭賀新年・謹賀新春など・・・)
文章の賀詞(あけましておめでとうございます・
謹んで新春のお慶びを申し上げます など・・・)

目下の人に送る場合→一文字の賀詞(寿・福・春など・・・)
二文字の賀詞(迎春・賀正・初春など・・・)

一文字や二文字の意味は単に「おめでたい」という事を
述べているだけに過ぎず、相手に対する敬意や丁寧さが欠けています。
そのため目上の人である会社の上司や恩師に
一文字や二文字の賀詞をつけて送るのは失礼なこと。

因みに「Happy new year」のような英語は万人向けですが、
友人間など親しい間柄で使う方が望ましいようですよ!

送る相手に合わせて使い分けられるのが一番ですが、
それによって年賀状を作り分けるのは大変だ、という方は、
四文字、もしくは文章の賀詞を使っておけば、
ひとまずは問題なさそうです☆

そして、ご自身で作成する場合は賀詞の重複は
しないようにお気を付けくださいね

毎年後回しにしがちな年賀状…
今から準備すればとっても余裕のある年末を迎えられそうです♫

電話:0564-21-5539
*火曜日定休日 *水曜日は15:00までの営業です。

スマートフォンからのご予約はコチラ

*神社ツアーもご案内可能です *

和装花嫁体験 開催日
11月24日(日)
中岡崎 三河神前挙式サロンにて
11:00・13:00・14:00・15:00・16:00


japan_traditional_weddingで検索♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 今年こそ、余裕をもって準備しよう! 年賀状☆
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: プランナーのつぶやき, 伝統文化   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">