お色直しの選択の一つにオリエンタル和装はいかがでしょうか?

こんにちは 三河神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧頂きまして誠にありがとうございます
初めてご覧頂く皆様、何かお役に立てると嬉しいです!

今日は『大嘗祭』が執り行われますね。
中でも『大嘗宮の儀』は本日夕方から明朝にかけて行われるのだそうです
大嘗祭は即位の礼と並んで、天皇の即位に伴う一世一代の儀式。
新天皇がその年に収穫された米などを神々に供え、
自らも食し、五穀豊穣(ごこくほうじょう)と国家安寧を祈る
奈良時代以前から続く“神秘的”な皇室行事です。
毎年11月23日に行われる『新嘗祭』と同じ内容ですが
先に書いたように新しい天皇になって初めて行われる大変重要な行事です。
大嘗祭が行われた年は新嘗祭は執り行われないのだそうです。

さて、今日は、お色直しのお衣裳について
三河神前挙式でお手伝いさせて頂くお客様の中でも
お色直してお召し頂くお衣裳は、やはり『色打掛』が一番。
その他は、ご自身のお振袖や、ウェディングドレスを
お召し頂く方もいらっしゃいます。
そして、今日ご紹介させて頂きたいのが、ご自身のお振袖を
ドレスのようにお召し頂く事ができる

「オリエンタル和装」

オリエンタル和装

この写真の赤紫の布地は振袖の生地です!
振袖の柄や色味を利用した、見事な和柄のドレス♡

後ろ姿はこんな感じです。

後ろ姿

帯結びでより立体的にオリエンタル和装の良さを引き立てます。
帯や帯揚げ、帯締め、重ね襟など
着物を着用する時に使用する和装小物達も使用します♪

スカートの部分は外に見えても良いパニエを使い、
綺麗なAラインのドレスへ!
パニエはご用意がありますので、ご自身でご用意頂かなくても大丈夫♪

皆様にご披露

お色直しで入場すると、皆さん「和っぽいドレスね~」と
遠目から見るとお分かりにならないのですが、
お着付けをしてくださった村井先生から成人式の時のお着物ですよ
着付の技術だけでこのようなスタイルになっています。
とご説明頂くと・・・会場からは「振袖なの?」「えっすごい!」など
驚きの声が聞こえてきます。
そしてご両親やおばあちゃんたちはとても嬉しそうに見つめてくださいます。
お父様はご一緒に入場されることもあるので、皆様より先に
オリエンタル和装姿のお嫁様をご覧頂くのですが、

お父さんと入場

必ず2回驚かれます。最初はドレス姿と思ってご覧になられて
目を細めて「あーきれいだね~、まごにも衣装だね~」
そしてお嫁様が「これ成人式の時に来た振袖だよ」と仰ると
父「えっ?ドレスにしたの?」娘「こうやって着せてもらったの」
父「え?着物?これ?成人式の時の?ホントに?」娘「ほんとに。すごいでしょ?」
父「へぇ~すごいね。」そしてまじまじ確認!父「この柄だったね」お着物である事を認識!
こんな感じです(*^。^*)

新しいお着付けスタイルですよね!

大切なお着物ですから、はさみで裁断や、
針をつかって縫製したりは致しません!
お着付けの技法だけでドレスのように着つけていきますよ!
その間、約10分~15分!
早業です(・∀・)
着付けをほどいてしまえば、また元通りのお着物へ♪

特に振袖は未婚の女性の第一礼装。
結婚式を迎えてしまうと、もう袖を通す事は出来なくなってしまいます。

想いのこもった振袖

ご自身のお振袖をお持ちの方は、是非結婚式の日に
お色直し後のお衣裳として着て頂く事をお勧めしております(#^.^#)

正統派の着こなしもgoodですが、
せっかくの結婚式ドレスも良いかな、
ちょっとしたサプライズしたいなという方は
「オリエンタル和装」、良いんじゃないでしょうか??

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

*次回和装試着体験は11月24日(日)

11:00・13:00・15:00
ご予約可能です。

*注目!神社ツアー(一社)+お食事会場ご試食
特別フェアを開催中♬

最短2週間の準備期間でも可能です。
神社挙式に関することはなんでもご相談くださいね。

japan_traditional_weddingで検索♪

TEL:0564-21-5539

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - お色直しの選択の一つにオリエンタル和装はいかがでしょうか?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: プランナーのつぶやき, 仏前挙式, 和婚 料亭ウェディング, 挙式プラン, 神前式, 神社婚, 花嫁の髪型, 花嫁衣裳   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">