神社挙式で国際結婚も素敵ですね!

こんにちは。三河神前挙式です。

本日も「花嫁日記」をご覧頂きまして誠にありがとうございます!
初めてご覧頂く皆様、何かお役にたてたら嬉しいです。

昨日今日と少し冷たい雨や冷たい風が吹いていましたね
二十四節気では『小雪』の時期

朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)

丁度今頃の事です
北風が木の葉を吹き払う頃。「朔風」は北の風という意味で、木枯らしをさします。
冬ですね。季節を感じることが出来るのは日本の良い所ですね。
さて、今日は国際結婚について。
12月も国際結婚のお客様、承っています。
日本に帰国されるタイミングと併せてさせて
挙式と日本の親族やお友達にお披露目をと、お考え頂いてお申込みいただきました。

国際結婚婚

「結婚式を挙げたいのですが、海外からでも対応は出来ますでしょうか?」
というお問合わせを頂きます。
もちろんその答えは「YES!」

三河神前挙式では、海外のお住まいの方とは、メールを中心に
やり取りを進めさせて頂いております。
口頭でご説明が出来ない分、どうしてもメールが長文になってしまったり、
分かりにくい部分もあるかもしれませんが、丁寧にご案内出来るよう心がけております。

最近は、お母様やお父様からお問合せを頂き
当日の流れやご親戚のご出席の確認などの大きな枠はご両親が
行って下さって、お披露目会の内容や、ヘアスタイルなどは
メールのやり取りや、帰国頂いたタイミングで行っていくという
ご両親と共同で進めて行って下さる方も多くなっています。

 

お父さんお母さん

そして・・・

国際結婚をご希望される皆様から神社で結婚式を行う理由を伺うと
『祖父母にしっかり参加してもらいたい。』
『海外からお越し頂く皆さんにも日本の文化を感じてもらいたい』
と言うお答えがとても多いです。

着物文化

神前挙式始まりの儀式『参進の儀』

お祖父様お祖母様は離れていても、「元気にしているのかな?」
「困ったことはないかな?」と心配されていると思うのです。

おじいちゃんありがとう

 

おばあちゃんありがとう

そんな祖父母様に花嫁姿、花婿姿をご覧頂いて
お祝い頂きご安心頂けたら良いですね。

海外在住

海外にお住まいでも何も心配する事はありません。
分からない部分は何でもお問合わせ下さい!
国際結婚のサポートも多くさせて頂いていますので
当日考えられる事、気を付けないといけない事
練習が必要な事等など多くのサポートの中から得たものを
フルに生かして私達がしっかり丁寧にご案内をさせて頂きますので、ご安心下さいね。

桜の季節も素敵ですね

日本の結婚式を文化を体感して頂き、お二人の結婚式をきっかけに
日本が近い国になれば良いなと思います。
来年はオリンピックイヤーでもありますしね。
お二人とはメールで、ご家族の皆様のサポートも頂きながら
皆様と一緒に素敵な一日になるようにお手伝いさせて頂きたいと思います。
メールでのやり取りを増やして行く中で、
お二人と関係を深めさせて頂けますと嬉しいです(*^_^*)

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

⇓ ⇓ ⇓ 三河神前挙式のブライダルフェア ⇓ ⇓ ⇓

*次回和装試着体験
12月22日(日)
10:00~ 11:00~ 13:00~ 14:00~ 15:00~

ご予約可能です。

*注目!神社ツアー(一社)+お食事会場ご試食
特別フェアを開催中♬

最短2週間の準備期間でも可能です。
神社挙式に関することはなんでもご相談くださいね。

japan_traditional_weddingで検索♪

TEL:0564-21-5539

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 神社挙式で国際結婚も素敵ですね!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: プランナーのつぶやき, 伝統文化, 和婚 料亭ウェディング, 国際結婚, 家族婚, 少人数お披露目会, 挙式のみ, 神前式, 神社, 神社婚   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">