年越しそばについて

こんにちは 三河神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧いただきまして誠にありがとうございます!
初めてご覧頂く皆様、何かお役に立てると嬉しいです♪

三河神前挙式の年内営業も今日を含め残り二日となりました!
今日の花嫁日記は「年越しそば」について!

皆様ご存じ、31日に縁起を担いで食べる蕎麦の事ですね♪

地域による特色もことなり、呼び方も
晦日蕎麦、大年そば、大晦日蕎麦、年取り蕎麦、年切り蕎麦…
など沢山あるのだそうですよ!

江戸時代には定着していたらしい文化で
今でも、日本人の50%以上が年越しそばを
食べているそうです!
文化として、深く日本人の中に定着していることが
良く分かりますね♪

我が家も食べる予定!(^^)!

年を越してから食べることは縁起がよくないとするものや、
蕎麦を残すと新年は金運に恵まれない、と言う伝えもあるそうですよ!

そんな蕎麦を食べる理由は下記のものがあげられます☆

・蕎麦は細く長いことから延命・長寿を願っている
・金銀細工師が金箔を延ばす為にそば粉を用いたため
・金銀細工師が金粉銀粉を集めるためにそば粉の団子を
使用した事から金を集める縁起物である
・★「世直しそば」に由来するから
・蕎麦は風雨に叩かれても、日光を浴びると再び元気になる事から、
健康の縁起を担いでいる
・蕎麦が五臓の毒を取ると信じられている
・蕎麦が切れやすいことから、一年間の苦労や借金を
切り捨て翌年に持ち越さないように願ったから
・家族の縁が長くつづくように

※★「世直しそば」とは…
鎌倉時代、福岡博多の承天寺では貧しい町人に
「世直しそば」としてそば餅を振舞いました。
そうすると翌年から皆に運が向いてきたことから、
大晦日に「運そば」を食べる習慣が生まれました。
「運気そば」「福そば」とも呼ばれます。

均等に切る職人技ですね!

そして薬味のネギについては
・心和らげるという「労ぐ(ねぐ)」の意味
・神職の「祢宜」の言葉に掛けた語呂合わせである

であると言われています!

どんな具材をのせる、と言う明確な決まりも特には
ないようなので、そこは地域によって違いが
出るところのようです(^○^)

てんぷらやかまぼこなど♪

温かいそば・冷たいそば等も決まりはありません。

でも年を越す前に家族そろって年越しそばを食す…
何だか考えただけで温かい気持ちになれますね♪

家族そろって♪

年末にちなんで本日は「年越しそば」について
ご紹介いたしました★

そんな年明けまでは今日をのぞくとあと3日!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

12月30日(月)~1月2日(木)まで
年末年始休暇を頂きます

和装試着体験
1月26日(日)
10:00~ 11:00~ 13:00~ 15:00~

神社ツアー料亭ご試食会も承っております。

TEL:0564-21-5539


japan_traditional_weddingで検索♪

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

三河神前挙式公式ラインアカウント

ID:mikawashinzen

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 年越しそばについて
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: プランナーのつぶやき, 伝統文化   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">