着物を着るとき必須! 足袋について

こんにちは 三河神前挙式です
本日もご覧頂きまして誠にありがとうございます
初めてご覧頂く皆様、何かお役に立てると嬉しいです♪

今日は六所神社で挙式のお手伝いを承っています!
桜もちょっとずつ花開き、六所神社の近くの桜とも
お写真、残して頂けました~!
午前中まで少し不安定なお天気でしたが、
滞りなく執り行う事ができました♪

岡崎市【六所神社】

今日もありがとうございました☆

さて、今日は着物を着るのにある意味かかせない、
「足袋」についてです!

今から挙式へ

親指と他の指の部分の2つに分かれているのが足袋の特徴。
草履や雪駄(せった)をはくのに都合の良い形状になっているんです。
靴下みたいですが、履いたら足首の所で、こはぜと言う金具で留めます 。

こはぜで留めます

お着物を日常的にお召しの方や、
女性でしたら成人式の時に履いた経験があるかもしれないですね。

男性は特に履いた事がない方も割と多く、
どうやって履くのかな~と苦戦することも・・・
そして履き心地も慣れないかもしれないですね。

履くの難しい!

でも、少ししたら慣れてくると思いますよ。
国際結婚のお客様には慣れるために、
少し前から練習していただく事をおススメしています!

足袋を履いて雪駄・草履をはいて神社の境内を
歩いたりも結構するので、
ちょっと練習しておくと「この感じね・・・」
と感覚がつかみやすいかと思います。

写真スポットに移動したり、参進の儀の時とか結構歩きますよ

足袋の起源って何なんでしょうねと?調べてみると・・・
平安時代に源流が出来たようです。

山を歩く事が多い猟師たちが、熊や鹿等の毛皮で作った
股われ付の袋を足に履いていた説と
貴族たちが沓(くつ)を履くとき、股割れの無い、布製の袋を
履いていたのが起源になったという説もあります。

ご神職様が履かれてるのが沓(くつ)です

先にお伝えしたように足袋は、こはぜを留めて履くのが特徴ですが、
この方式が普及したのは江戸時代後期から明治時代前期にかけて。
それ以前は足首付近に縫い付けてある紐を結び、
脱げ落ちないようにしていたそうです。

金具部分がこはぜ

因みに挙式のために改めて足袋をご購入される方は、
足袋のサイズにはご注意を!

皆様も経験があるかと思うのですが、たとえば「靴」を購入するとき、
メーカーによって同じサイズなのに少し大きかったり、小さかったりという
違いを感じる事はありませんか?

足袋と雪駄

靴を試し履きせず、購入する方は少ないんじゃないかな、と思いますが、
試着と言うのは足袋においてもとっても重要!
もちろん足袋だって各メーカーによって多少の違いがあるのです(-_-;)

「靴のサイズはこれだから…」と試着せず購入してしまうと
当日履いてみて「思っていたよりもきつく、足が痛くなってしまった」という
お声が上がることが無きにしも非ず…

そうならないよう、可能な限りは試着をして頂いてから
ご購入される事をお勧めしております。

足へのフィット感はとても大切!

私達が提携をさせて頂いているお衣裳店でも
足袋をご購入して頂く事が可能です。
そしてどこも足袋をご試着させて下さる所ばかりですので、
現段階でご自身の足袋をお持ちでない方は、
お衣裳店にご相談をしてみて下さいね!

ただでさえ慣れない着物。
そこにおいて足に合っている足袋と言うのは、
新郎新婦の美しい立ち居振る舞いの強い味方なのです!

しずしずと…

「この先もあんまり履く機会無いしな~」と
適当に選んでしまうと折角の晴れの日が
「足が痛い…」という印象になってしまうかもしれません(>_<)
それは残念すぎる!!!!!

一生に一度の晴れの日だからこそ、
細かい部分ではありますが、しっかり気を配れると良いですね♪

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

お衣裳の柄行もしっかりとご覧頂けるのは和装花嫁体験
↓↓↓
和装試着体験

4月12日(日)
13:00のみご案内可能

神社ツアー料亭ご試食会も承っております。

TEL:0564-21-5539

japan_traditional_weddingで検索♪
インスタのメッセージからもお問合せ頂けます。

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

三河神前挙式公式ラインアカウント
https://lin.ee/hZuzKkU
↑↑
このURLをタップまたはクリックすると、三河神前挙式を友だち追加できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 着物を着るとき必須! 足袋について
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: プランナーのつぶやき   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">