二十四節季の穀雨についてとプランナーのつぶやき

こんにちは。三河神前挙式です。
本日も「花嫁日記」をご覧頂きまして誠にありがとうございます!
初めてご覧頂く皆様、何かお役にたてたら嬉しいです。

今日4月19日は、二十四節気(にじゅうしせっき)の『穀雨(こくう)』です。
※毎年4月20日ごろが穀雨です。
『穀雨』ってなあに?ということですが、
「種まきや田植えの時期に降る雨」の事。なんだそうです。
この時期の雨は「百殻春雨(ひゃくこくはるさめ)」とも呼ばれており、
あらゆる穀物を潤し育てる恵の雨と考えられてきました。
作物を上手に育てるためには、この穀雨の前に種まきを終える必要があります。
そのため昔は『穀雨』を目安としての作業の準備が行われます。
種まきや作付けが終わったところに恵みの雨をいただくということですね。
なるほど!納得ですね。この時期に降らないと困る雨
私たちの生活を支えてくれる大切な雨ということですね。

サロンからの景色

サロンから見える景色も緑へと変わってきました。
上の方はまだ桜のガクが残っているのでほんのりピンク色です。

自然は次の季節へと着実に準備を始めているのですね。
そんな中、最近少しだけ時間がゆっくり流れているような気がします。

(医療関係や保健所の方、スパーなど私たちの生活を支えて
くださっている皆様は、日々ウィルスと戦い、私たちの生活のために
緊張感を持ちながら、治療に専念し、また商品が適正にいきわたるようにと
お時間を使ってくださっている皆様には感謝の気持ちを持って
過ごしてまいりたいと思いますm(__)m)

自宅にいる時間が長くなった事が大きな影響かな?と思います。

自然と向き合ったり、日々の生活を見直したり
そんな時間も出来ている気がします。

手洗いも意識的にする様になった事で
気持ち良い、心地よいという感覚が強くなった気がします。

気持ち良いと感じることは、気持ちが整うこと
と有名な料理研究家の方がおっしゃっていた意味が理解できた気がします。

これは神社で神様の前に向かうとき
手水舎で手と口を清めて、気持ちを整える
ということも同じですね。


そんな日々の小さな積み重ねを大切にして
結婚式のお手伝いをさせていただく際に、役立てれるように
できたらな、と思う日々です。
最後までお読みいただきありがとうございます。

結婚式・お写真撮影のご相談、受け付けております。
ビデオミーティングアプリZoomでのご相談も受け付けております。
※ご予約制とさせていただきます。予約フォームにてお選びください。

※火曜日の定休日と4月の臨時休業日
4月22日(水)・4月27日(月)

TEL:0564-21-5539

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 二十四節季の穀雨についてとプランナーのつぶやき
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: プランナーのつぶやき, レストランウェディング, 仏前挙式, 和婚 料亭ウェディング, 国際結婚, 家族婚, 少人数お披露目会, 挙式のみ, 神前式, 神社, 神社婚   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">