七夕の起源

こんにちは 三河神前挙式です
本日も花嫁日記をご覧頂きまして誠にありがとうございます!
はじめてご覧頂く皆様、何かお役に立てると嬉しいです。

九州では大雨による被害が出てしまいましたね。
どうか、大きくなりませんように。

さて、まもなく七夕ですね。
今日は
【七夕の起源】についてお伝えします(^^)/

織姫と彦星

元来、七夕というのは
①日本の神事「棚織津女(たなばたつめ)」
②中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」
③「織姫と彦星の伝説」
が合わさったものとされています。

①日本の神事「棚織津女(たなばたつめ)」

「棚織(たなばた)」とは女性が着物を折って棚にそなえ、
神様をお呼びし、豊作、また穢れを祓う日本の行事の事を云いました。

その着物を折る女性の事を「棚織津女(たなばたつめ)」と
呼び、この行事は7月7日の夕方から行われるようになりました。
そこから、「日の方」→「七夕」となったとされています。

②中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」

中国では、7月7日に、織女星にあやかり、
女性の大切な仕事であるはた織り裁縫
上達するようにと祈りを捧げる行事がありました。
次第に芸事や書道の上達などさまざまな内容に広がっていきました。

この乞巧奠(きこうでん)という行事が
平安時代に日本に伝わったのだそうです。
=簡単に言えば、「7月7日の夕方に手芸の上達を祈った」ということですね✩

③「織姫と彦星の伝説」

皆さんご存知、あの有名な伝説の話ですね。

神様の娘の織姫と、若者の彦星がいました。
織姫は機織りの仕事をしていて働き者。
彦星は牛の世話をしているしっかり者でした。
やがて2人は結婚しました。
すると、今まで働き者だった2人は急に遊んで暮らすようになり、
全く働かなくなってしまいました。
怒った神様は、2人の間に天の川を作って離してしまいました。
悲しみにくれた2人は泣き続けました。
それを見た神様は、前のようにまじめに働いたら、
1年に1度だけ、2人を会わせてくれると約束しました。
それから2人は心を入れ替えて一生懸命働くようになったのです。
そして、2人は年に1度だけ天の川を渡って会うことが許されるようになり、
その日が七夕とされるようになりました。

星神社

名古屋には「星神社」という神社があります☆
西区上小田井(庄内緑地のすぐ近くです)
神社のある地域には七夕伝説があります。
三河神前挙式の姉妹店、「尾張名古屋神前挙式」では
この「星神社」さんも紹介神社の一つです★
気になる方はお問い合わせくださいませ!

星神社

「夏の長期休暇にまとめて」
「家族や親戚が集まる相談しやすい時期に」
結婚式の準備を始めませんか??
気になる方はお気軽にご相談くださいませ✩
お盆も営業しております。

緊急事態宣言が解除になったとは言え、
「ちょっと心配だよね」という方は

オンライン相談会がおススメです。

そして、「神社を見学してみたいな」という方は

神社巡りツアー

「とりあえず話だけ・・・」という方は

お問合せください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

TEL:0564-21-5539

japan_traditional_weddingで検索♪

ラインからのご予約・お問い合わせもOKです★

三河神前挙式公式ラインアカウント
https://lin.ee/hZuzKkU
↑↑
このURLをタップまたはクリックすると、三河神前挙式を友だち追加できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 七夕の起源
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE

カテゴリー: プランナーのつぶやき, 仏前挙式, 家族婚, 少人数お披露目会, 挙式のみ, 神前式, 神社, 神社婚   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">